冬はノロウイルスに注意

特徴は感染力の強さ

ノロウイルスが原因とみられる感染性胃腸炎は、1年を通して発生し、特に冬季に流行します。ウイルスに汚染された食品を生で、あるいは十分に加熱しないで食べたときや、感染者のふん便や嘔吐物などから感染します。少量のウイルスでも感染する上、とても軽いため空中に浮遊し、さまざまな場所に付着します。症状は嘔吐や下痢、腹痛、発熱などを起こします。

ノロウイルスの感染を予防するための3つのポイント

ポイント1:調理前や食事前、トイレの後などには、石けんと流水で十分に手を洗いましょう。

ポイント2:加熱用の二枚貝は中心温度85℃以上で90秒以上加熱しましょう。また二枚貝を扱った調理器具は煮沸消毒するか塩素系漂白剤で消毒しましょう。
 
ポイント3:感染者の嘔吐物などの処理は、使い捨てのゴム手袋やマスクを着用し、ペーパータオルなどで静かに拭き取り、塩素系漂白剤で消毒後、水拭きをします。拭き取った物はビニール袋に密閉して捨てます。処理後は必ず手洗いをしましょう。

PAGE TOP
電話します