食中毒予防の3原則を知っていますか?

 温度と湿度が高くなる夏場は、食中毒の原因となる細菌が増殖しやすく、食品の取り扱いによっては、食中毒を起こしやすい季節です。

食中毒予防の3原則を知り、食中毒を未然に防ぎましょう。

・菌を「つけない」
手洗いや調理器具の洗浄を十分行い、食品に菌がつかないようにしましょう。

・菌を「増やさない」
食中毒菌の多くは20〜50℃で増えやすいため、低温で保存することが重要です。しかし、冷蔵庫に入れても細菌はゆっくり増殖するので、早めに食べましょう。

・菌を「やっつける」
75℃1分以上の加熱で多くの食中毒菌は死滅します。加熱の必要な食品は中心までしっかり加熱しましょう。

 新型コロナウイルス感染症感染拡大を受け、飲食店からのテイクアウト(持ち帰り)やデリバリー(出前)の利用が増えています。テイクアウトした食品は調理後すぐに食べないので、その間に細菌が増殖することが考えられます。テイクアウトした食品は、長時間持ち歩いたり、室内に放置したりせず、できるだけ早く食べるようにしましょう。

テイクアウト・デリバリー食品の食中毒の注意点

・家に持ち帰る際は、温度管理に注意し、高温になる車内に放置しないようにしましょう。
・持ち帰ったり、届いた料理は長時間放置せずに速やかに食べましょう。
・食べる前には手洗いをしましょう。
・食べ残しを保存することは避けましょう。

PAGE TOP
電話します