海外で病気やケガをした場合、日本語が通じない現地の病院を受診するのは不安なことと思います。いざという時に慌てないためにも、日本語が通じる病院を把握しておくことは大切です。そこで、台北で内科診療を行う台北日本クリニックが、「日本語の通じる病院を探す方法」と「台湾の病院を受診する際の流れ」についてご紹介します。台湾にお住まいの方、旅行やビジネスで台湾を訪れる予定がある方は、ぜひ参考にしてください。

台湾で日本語が通じる病院を探す方法とは

How to find

実は台湾には、日本語が通じる病院が数多くあります。そのような病院を探すには以下のような方法があります。

地域のネットワークを活用する

「日本語対応」とうたっている病院でも、スタッフの入れ替わりがないわけではありません。確実な情報を得るには、実際に通院している方から話を聞くのが一番です。いざという時に慌てないためにも、地域のネットワークを活用して情報収集をしておくことをおすすめします。

国際医療センターなどを備えている病院を把握しておく

国際医療センターなど外国人の受け入れをしている病院であれば、日本語が通じる可能性が高いです。日本語対応のホームページを開設している場合が多いので、あらかじめ日本語対応しているか調べておきましょう。

フリーペーパーやサイトで情報収集

地域情報を掲載しているフリーペーパーやサイトなどに、日本語が通じる病院の情報が載っていることもあります。ただし、情報が古い場合もあるので、念のために確認しておくと安心です。

台湾の病院を受診する際の流れ

Flow of visiting

台湾の病院をスムーズに受診するためにも、流れを押さえておくことは大切です。ここからは直接外来に行く場合と、インターネットで予約をした後に向かう場合、それぞれ解説します。

直接外来に行く場合

台湾には診察券がないので、保険証(保険適用の場合)と、居留証またはパスポートを受付に提出して、診察料を支払います。日本では、診察後に料金を支払うのが一般的ですが、台湾では診察前に定額の料金を支払い、精密検査の実施や高額の薬が処方されるなどした場合のみ、診察後に追加で支払いをするのが一般的です。受付が終わると、診察番号を割り振られるので、番号を呼ばれたら診察室に入ります。

※保険証を忘れたり、保険加入していなかったりする場合は、その場で受付に伝えてください。

インターネット予約をした場合

インターネットで割り振られた診察番号を受付で申告します。それ以外は、直接外来を受診した場合と同じ流れですが、インターネット予約をしておくと、直接外来へ行くよりも短い待ち時間で診察を受けられるというメリットがあります。

診察終了後は、その場で処方薬が渡されて、受診は終了です。

台北で内科診療をしている台北日本クリニックは、日本語に対応しております。受診の流れも丁寧にご案内しますので、台湾にお住まいの日本人の方はもちろん、旅行やビジネスなどで台湾を訪れる予定があるという方も安心してご来院ください。

台北で内科を受診するなら台北日本クリニックへ

台北日本クリニックは台北にある台湾初の日本資本クリニックで、日本語での内科診療を行っています。MRT中山駅から徒歩3分・南京東路と林森北路の交差点、繁華街の中心に位置して、とても便利な場所にございます。朝8時から夜10時まで年中無休で診療をしているほか、LINEにて24時間相談も受け付けていますので、お困りの際は、お気軽にご連絡ください。

台北で内科診療を行う台北日本クリニックが、日本語が通じる病院を探す方法をご紹介!

クリニック名 台北日本クリニック
住所
台湾台北市中山區南京東路一段60號4樓
※ ご受診の予約を頂いた患者様が、来院時に「タクシー代の領収書」を持参頂きました時、タクシー代をご返金致します。
TEL
Email info@japandr.com
Line ID
japandr
Lineから、24時間の医療相談を受付しております。ご体調、お薬の疑問、ご相談を頂けますと幸いです。
URL https://taiwan.japandr.com/
診療時間 外来診療:午前8時から午後10時まで

PAGE TOP
電話します